日本の面積

f:id:maturinoato:20180220180525j:plain

西之島(「ホウドウキョク」より)

今朝、NHKラジオを聞いていると、国土地理院が日本の面積が広がったことを発表したと放送していた。小笠原諸島無人島である西之島の噴火のせいで、少し面積が増えたそうなのだ。

聞いていて、なんだか違和感があった。朝から、国土が広がったという放送を聞くと、なんだか国土の拡張が良いことのように聞こえてしまうのだ。そんな意図はないと思うのだが、領土拡張主義を連想してしまう。

西之島の面積が、少しばかり広がったことを発表するのがいけないというのではないが、国土地理院は、福島の面積についても発表してもらいたい。放射能汚染のせいで使用できなくなった面積がどれほどになっているのかを。日本の面積から、その面積を引くとどうなるのかを。福島第一原発の事故のせいで、失われた日本の面積は膨大なものになるはずだ。

NHKもジャーナリズムならば、それくらいな報道はして欲しい。そして、誰に責任があるのかを。

いくら除染をしても、元のようには戻らない。人体には影響がない放射線量になっているから、再び、住むことができますよと言っても、元のようにはなっていないのだ。今でも結構な放射線量なのに帰還を勧めている。

放射能は、目には見えないからね。騙されてしまう。

国土地理院のホームページを見てみる。すると、国土地理院が「日本の国土の面積は、377,973.89平方キロメートルに」という記事を報道発表したのは、今年の1月31日だったということが分かった。記事には、次のような説明が書いてある。

「国土の面積の公表は、明治15年(1882年)に太政官統計院によって初めて実施され、人口統計と並ぶ古い歴史を持っています。現在は測量法(昭和24年法律第188号)第12条の『基本測量に関する長期計画』に基づき、国土地理院が毎年公表しています。この情報は、国勢調査報告における人口密度算出や地方交付税算定の基礎データになるなど、様々な分野で利用されています。」

人口密度の計算や地方交付税算定の基礎データとして使われるらしい。

そこで、測量法第12条を見てみると、たった1行こう書いてある。

(長期計画)
第12条 国土交通大臣は、基本測量に関する長期計画を定めなければならない。

基本測量に関する長期計画」は、国土交通省告示第495号として平成26年4月9日に発表されていた。長期計画は10年ごとに立てることになっている。何も、国土の面積を調査するだけのことが書いてあるのではなく、測量計画全体のことがかなり詳しく書かれている。

さて、それにしてもNHKは、1月31日に国土地理院が報道発表した記事を、なぜ今ごろ発表したのだろう。今日は、2月20日ですよ。20日も経ってラジオで流すのなんて、ちょっと遅すぎやしませんか。不思議、不思議。

駅まで歩いて

駅前まで歩いて行った。15分もすると、腰が痛くなって来た。悲しくなる。

来週の日曜に、秩父の低山にハイキングに行く予定になっている。昨夜、計画書が送られて来たのだが、行けなくなるかもしれない。

f:id:maturinoato:20180219163023j:image

駅前は、いつでも賑やかだ。スーパーでクッキーを3袋買った。中国語講座で、わたしが休む度に、ノートを取っておいてくれる女性が3人いるので、そのお礼だ。明日で中国語講座も終わり。

図書館に立ち寄り、予約してあった本を受け取る。「特捜部Q─吊るされた少女」。

帰りも歩きだ。亀のような歩み。腰がほんとうに重い。

空にポッカリと春の雲が浮かんでいた。

f:id:maturinoato:20180219163047j:image

70年安保闘争デモ

1970年の6月23日、日米安保条約の自動延長に反対するデモがあった。

無知なわたしは、先輩になかば強制的に誘われて明治公園に出かけて行った。全共闘のデモである。ヘルメットは、先輩が貸してくれた。

そのデモに参加する前にも、下宿の別な先輩に誘われて民青のデモにも参加しているから、節操はまったくない。

明治公園に向かう山手線の中には、デモに結集しようとするさまざまな集団が乗っていた。異彩を放っていたのは、赤ヘル軍団で手に手に、棒か槍のようなものを持って乗り込んで来た。MLとヘルメットには書かれていた。

明治公園に着いて、先輩の後について集合場所に向かっていると、右のほうの空に石が飛び交っている。対立する党派が内ゲバをしているのだ。

安保条約は、もう、自動延長することが決まってしまった後で、このデモは負けと決まった後の自慰行為のようなものだった。マイクで、敗北したと泣き叫んでいるアジテーターがいた。

デモは、明治公園から日比谷公園に向かうコースだった。隊列を組んで、女性を中に入れて、両サイドから規制してくる機動隊のジュラルミンの盾から守るようにして進んで行く。

途中で靴ひもがほどけて来たので、隊列を離れ歩道で結び直し、急いで列に戻ると側の男から怒られた。列から離れるな。私服にそのまましょっ引かれてしまうぞ。情けないことに、そんなことも知らなかった。

どこら辺りだったか忘れたが、催涙ガスが立ち籠めて、やたらと目にしみる場所に差し掛かった。催涙ガスは目だけでなく、顔の皮膚にまで突き刺すように染み込んでくる。デモで顔を隠しているのは、顔を特定されないようにという理由だけではないのだ。催涙ガスの痛みから身を守るためでもあることを初めて知った。

一台の赤いスポーツカータイプの車が、デモ隊の通過を無視して道路に入り込んでしまい、デモ隊の一部に取り囲まれバンパーを殴られたりボディーを蹴られたりして、慌てて逃げて行った。スポーツカーの運転手は災難だったが、赤いスポーツカーの高級車だったのが、デモ隊の余計な怒りを買ってしまったのだろうと思われる。

銀座四丁目あたりに差し掛かったとき、機動隊と対峙する状態になった。装甲車の上にいる機動隊の指揮官が、何かをがなりたてていた。デモ隊の諸君、ジグザグデモは禁止されています。ただちにやめなさい、というようなことを言っていたのだと思うが、よく覚えていない。

その前から、デモ隊はジグザグデモを繰り返していた。

そのとき突然、前方で騒ぎが起こった。右翼か暴力団と思しき集団が、デモ隊の先頭に襲いかかったのだ。その騒ぎを受けて、機動隊が直ちに規制に入った。暴力行為はやめなさいと、装甲車の上のスピーカーから声がする。気づいたときには、デモ隊の先頭の前三列までが、丸ごと機動隊に逮捕されていなくなっていた。目の前に機動隊員が現れ、横にいた女学生を引きずり出そうとする。わたしは彼女と腕を組み、どうにか守ろうとしたが、もみくちゃになりながら機動隊に押されて列から弾き飛ばされてしまった。その後、すぐに機動隊は後方に下がり、デモ隊は態勢を立て直すことができた。

その後も、機動隊の規制を受けながら、デモ隊は悄然として日比谷公園に到着した。

日比谷公園では、流れ解散だった。わたしはヘルメットを脇の下に隠して、先輩と一緒に有楽町の方へ逃げるようにして歩いて行った。駅近くのラーメン屋でラーメンを食べたのを覚えている。

その後、どうやって下宿に帰ったのか記憶にない。その先輩のこともすっかり忘れてしまった。

記憶の断片

過去が怒涛のように頭の中に蘇って来る。
そのすべてが感情だ。切なくて、甘ったるくて、泣けそうだけど、歯がゆいほど戻ることができない。

夏の夜の湿った空気のなか、流れる外灯の仄暗さを受けて、九号館の入口の外に張り出したバルコニーのような屋根の上で狂女を演じていたお銀姐さんは、今でもあの時のまま歳をとってこの東京をさまよっているだろうか。

愛は愛とてなんになると、あがた森魚が歌っていた女々しさを、馬鹿にしながら、それでも、時は過ぎて行った。

そんな甘ったるい青春の記憶は、どこかで途切れてしまっていて手掛かりがない。

夜空には朧月がビルの後ろに浮かんでいたけれど。

心のなかにある澱を浚うには、どうすればいいのだろう。その手立てがない。

老いと病い

中島みゆきが、「歳をとるのは素敵なことじゃないですか」とむかし歌っていたが、とても素敵なこととは思えない歳になってしまった。素敵なことと思えるのは、若い人の願望なのだろうと思う。

歳をとるというのは、とてもじゃないが素敵なことなどではないのだ。

歳をとると、病が次から次へと襲いかかって来る。腰椎骨折だけでなく、持病の緑内障の定期通院で、半年ぶりにとある総合病院へ出かけた。家を出ると、なんと右膝に痛みが走るではないか。

膝の痛みは、以前からあったのだが、騙し騙しして今日まで来たのだ。山に行くときは、膝の痛みで辛い時もあったが、平地でこんなにも痛むのは初めてのことだった。

おいおい、腰が痛いだけでなく、膝までかよ。その上緑内障ときている。救いようがない。

診察を終え、支払いのためにお金を下ろそうとして、ATMの前に行くと、一人のお婆さんがATMの前に突っ立って、お金が出ないのよとうろたえている。後ろから覗くと、現金取り出し口は閉まったままである。すべてが終了した状態に見える。もう一度カードを入れてみたらいかがですか、といっても従わない。娘さんとお孫さんらしき女性二人が現れて、おばあさん何をやっているのよ、と怒った声を上げ、側からカードをもう一度差し込んだ。

画面を見て、操作を間違えたのよと娘さんがたしなめる。わたしに先に操作するように場所を譲ってくれた。

わたしがATMから現金を下ろして、後ろを振り向くと、お婆さんがじっとわたしの操作を覗き込んでいた。

この後、彼女は無事にお金を下ろすことができただろうか。おそらく何度やっても徒労に終わることだろう。そんなふうに思えてしまう。

ほんとうに歳をとるのは素敵なことではないんですよ。

アルマーニ騒動

泰明小学校のアルマーニの標準服騒動について、どうにか茶化すことが書けないかと悩んでいたが、あまりに下らない校長と似たような教育委員会、そして保護者の言葉に接して、ウンザリしている。

茶化す情熱がなくなっていたが、今日の東京新聞の社会面に、いつもは大嫌いな菅官房長官のコメントが載っていた。

「学校が適切に判断することだが、保護者負担が過剰にならないよう留意するのが常識」とあった。

校長の独断が通ってしまうような学校が適切に判断できるわけがないが、菅官房長官のコメントは当たり前で、初めて意見が一致したようだ。

記事は、結びに次のような政府高官の言葉を紹介している。

「非常識だ」

この政府高官は、誰なのだろう。今の政府にも、少しは、まともな人がいるということだ。

といっても、学校はアルマーニの標準服で押し通そうとするだろうな。教育委員会も疑問を持たない感性だろうから、これ以上は何も指導しないに違いない。

ただ、上には驚くほど弱いから、ほんとうに政府から電話の一本でもあれば、きっと忖度して、アルマーニは消えてなくなると思う。

 

今日はバレンタインデー

f:id:maturinoato:20180214080308j:image

おッ、今日はバレンタインデーじゃないか、と年甲斐もなく声をあげたら、妻があたふたと台所に行く。冷蔵庫を開けて、何かを持って来た。ほらッ、と差し出したのは、チョコレート。

チョコレートをあげる相手がいてよかったでしょう?とバカな返答をする。

バレンタインデーなんてくだらないと、いつも思っているのに、与えられると無条件で喜んでしまう。

ビスケットを与えられて、尾っぽを振っているスピッツと同じということだ。